いまいち萌えない娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いまいち萌えない娘(いまいちもえないむすめ / いまいちもえないこ)は、日本の新聞社・神戸新聞社アルバイトの募集を行った際に求人広告の問題として掲載された図を初出とする、あひる座りツインテールセーラー服とおぼしき衣装、ニーソックスを特徴とするキャラクターの通称。

概要[編集]

神戸新聞社は兵庫県緊急雇用創出事業に基づいて、漫画アニメコンピュータゲームなどのサブカルチャーに関する取材やウェブデザインを行う若干名のアルバイトを2010年12月29日から2011年1月14日にかけて募集した。これに際して神戸新聞社の求人ページに掲載された広告の中のイラストがこのキャラクターの初出である。イラストの横には「右のキャラクターがいまいちいけてない(萌えていない)理由を3つ挙げなさい」という問題形式のキャッチコピーが付けられていた[1][2]

この募集広告が公開された後、微妙に萌えないデザインがイラスト投稿サイトのpixivや掲示板で話題になっていた[3]。そのことがITmediaなどのネットニュースで取り上げられたことなどを契機に、このキャラクターのどの要素が萌えを阻害しているのかについての議論が巻き起こったり[4]、このキャラクターを「萌えキャラに生まれ変わらせる」ことを目的とする二次創作がpixivに多数投稿されたりするなど話題となった[5]

デザイン[編集]

問題のイラストを描いたのは神戸新聞社の社内スタッフではあるが、多少絵心はあるものの、いわゆる“萌え絵”についてはまったくの素人だったということである[3]。髪や衣装がを基調とし、胸元に「N」マークのブローチを付けているのは、神戸新聞社NEWS(神戸新聞旧ホームページ)のマークに由来する[1][注 1]。着ている服はセーラー服ではなく「ケープのような物」で、背面に「あめちゃんのような装飾」がある[1]。靴はぺた靴で、後ろに「N」マークがある[1]。また、ツインテールは白のゴムで括っているという設定[1]

名称について[編集]

正式名称は特に決まっていないが、現在では神戸新聞社を含めて「いまいち萌えない娘」という呼び方が主流となっている。「娘」の読みは「むすめ」でも「こ」でも構わないとのことである[6][注 2]。登場した当初は問題文から「右のキャラクター」と呼ばれたり、ニコニコ動画を中心に今井 知菜(いまい ちな)と言う仮名で呼ばれることもあった[7]。公式サイトのプロフィールでは略称として「いまもえ」を提案している[1]。そのほか、海外の掲示板では「Imaichi-tan」と呼ばれているとのこと[1]

その他の設定[編集]

年齢について、公式サイトのプロフィールでは「20〜22歳ぐらいをご想像いただければ」とあり[1]、ツイッターでも「少なくとも二十歳以上です」と呟いている[8]。好物は「兵庫のものなら何でも」で、その例としてケーキ・パン・玉子焼きそばめしイカナゴ黒豆うえがきの鶯ボールが挙げられている[1]。ツイッターなどでの口調は神戸弁[9][10]

2011年7月24日発売の公式同人誌第2弾『新いまいち萌えない娘』には「偽いまいち娘(1号・2号・3号)」という3人のサブキャラクターが登場した。その後「偽いまいち娘」は、2012年3月30日に発表されたウェブ漫画『ν・いまいち萌えない娘』で兵庫県内3地方の擬人化キャラクター(1号は阪神担当、2号は播磨担当、3号は淡路担当)として登場。2012年9月発売の小説では重要な役どころで登場し、陽子(ようこ、元1号)・可音(かのん、元2号)・千里(ちさと、元3号)と固有の名前が与えられた[11]

反響[編集]

この広告がアルバイト募集の締め切り当日にITmediaで紹介された直後から応募の申込や問い合わせが殺到し、2名の採用枠に100名近くもの応募があった。通常のアルバイト募集の約4倍から5倍の応募数で、あまりの反応の多さに人事部の業務に支障をきたすほどだった[3][7]

1月19日にはドワンゴニコニコ動画)からの取材に対する回答という形で経緯などについてのFAQが掲載された[12]。さらに1月24日には全身の設定画が公開され[13]、二次創作についても「弊社も一緒に楽しませていただきたい」というスタンスの元でルールが公表されている[14]。公式のTwitterアカウントも開設され[7]、同年11月時点で10,000人を越えるフォロアーを得ている[15]

人気が出た理由について、ITmediaは「あれ自体が『萌え』に対する問いかけになってしまいました」という神戸新聞社のスタッフのコメントを紹介している。また「萌えないところが萌える」といった反響を取り上げて、「萌えない」という言葉が二次創作のハードルを引き下げると同時に二次創作を盛り上げたともしている[16]朝日新聞からの取材もあり、ここでは神戸新聞のスタッフは「(ファンや二次創作者らと)一緒に成長を楽しんだのが受けたと思う」「ネットの風を受けて進化している」と答えている[15]

神戸新聞社は2011年8月から9月にかけて2回目のサブカルチャーアルバイト募集を行っているが、このときの募集広告の内容は前回を踏襲しながらも、多少リニューアルされたキャラクターのイラストに「右のキャラクターを見て、いまだにいまいちいけてない(萌えていない)理由を3つ挙げなさい」と書かれたものであった。ただし今回はこの問題は採用試験の問題ではないと断っている[17]。そもそも最初の求人の時の問題文もあくまで単なる広告のコピー(宣伝文)であって、それに対する回答を用意してきた応募者もいたものの、実際の合否には一切関係なかったとのことである[12][16]

その後2012年3月末で、キャラ誕生の元となった兵庫県の緊急雇用創出事業が終了してしまうため、同年4月以降は神戸新聞社の単独コンテンツとして規模を縮小しつつ、「いまいち萌えない娘」のコンテンツ展開を継続していく方針である[16]

いまもえ製作委員会[編集]

いまいち萌えない娘のプロデュースは、神戸新聞デジタル事業部内の「いまもえ製作委員会」が手がけている。先述の緊急雇用創出事業から出発した兵庫県内のサブカルチャー情報の発信サイト「いまもえ.jp」の運営と平行して行っており[18]、いまいち萌えない娘のコンテンツ展開は基本的に同委員会名義となっている。

商品化・小説化など[編集]

同人活動・グッズ
神戸新聞社により缶バッジが製作され、同社に二次創作物を郵送した作者を中心に贈られた[19]。2011年3月から4月にかけてコスパによりTシャツマグカップストラップが製作・販売され[20]、神戸新聞社側の収益は当初全額が阪神・淡路大震災遺児に寄付される予定だったが、東日本大震災の発生を受けて半分をこちらへの義援金に充てることとした[3]
また社内スタッフによって「公式同人誌」も制作され、同人誌即売会などで販売された[3][16]
コスプレ・モデル
2011年6月にはイベント用公式コスプレ衣装がKOBEみなとマルシェで初披露され[21]阪神競馬場における神戸新聞杯などの神戸新聞のイベントに登場している[22]。さらにはタレントの神崎紗衣による『いまいち萌えない娘がニコニコ動画「踊ってみた」に挑戦!』[23]も公開されている。
2013年8月15日に神戸ファッション美術館において行われた「いまいち萌えない娘オーデション」で、「初代いまいち萌えない娘」として活動するモデルが6人選出され、同年9月に新長田駅界隈で開催された「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」等のイベントで活動している[24]
コラボレーション
2012年4月1日にはエイプリルフール企画の一環として北海道沿岸バスとのコラボレーションが組まれ、沿岸バスの「萌えっ子フリーきっぷ」の新商品として「いまいち萌えないっ娘フリーきっぷ」を発売するというパロディが行われた[25]
2013年9月には長田区のタクシー会社・近畿タクシーにおいて「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」をアピールする、いまいち萌えない娘のラッピングタクシーが登場している[26]
2013年12月には兵庫県によるIT関連事業のポスターに県のマスコット・はばタンと共に起用されている[27][28]
2014年3月にはゲームソフト『ヴァルハラナイツ3 GOLD』のダウンロードコンテンツとして「いまいち萌えない娘なりきりコスチューム」が登場している[29][30]
小説化
2012年9月20日には神戸市垂水区出身の作家・森田季節による『小説 いまいち萌えない娘』が神戸新聞総合出版センターから発売されている[31]。同作品は2013年5月31日に電子書籍版が発売されている[32]
アニメ出演
2014年のアニメ『ロボットガールズZ』の映像ソフト第1巻に収録される特典作に、コレジャナイロボと共にゲストとして出演[33]。声は神戸市長田区出身の寿美菜子が演じ[34]、意図的に線がはみ出ても修正せず、左右対称にしないなどといった描写で「いまいち感」を演出している。本特典作は『ロボットガールズZ』の劇場版公開時にも上映されている[35][36][37]

ラジオ番組[編集]

いまいち萌えないラジオ
ジャンル ポップカルチャー情報・トーク番組
放送期間 2014年6月1日 -
放送時間 毎週日曜日 23:30 - 24:00(30分)
放送局 ラジオ関西
パーソナリティ いまいち萌えない娘
ケーちゃん
テーマ曲 OP : imaichi☆moenai
(歌 : Radimoe)[注 3]
ED : わたしだけの宇宙
(歌 : ケーちゃん)[38]
公式サイト 公式サイト
特記事項:
ポッドキャスト有り
テンプレートを表示

2014年6月1日よりラジオ関西において、いまいち萌えない娘の名前を冠したポップカルチャーを応援する番組『いまいち萌えないラジオ』(いまいちもえないラジオ)が放送されている。この番組でいまいち萌えない娘として登場している人物の正体は放送時点では明かされていない(『ロボットガールズZ』で声を演じた寿美菜子ではない)[39][38]。この新人の「ラジオ版いまいち萌えない娘」と経験豊富な「ケーちゃん」とのトークを中心に、ゲストとのトークや、前述の「いまいち萌えない娘オーデション」で選出されたメンバーによる「いま萌え隊」による兵庫県および周辺地域の同人誌即売会やコスプレイベントなどの紹介などで構成されている。

北海道放送HBCラジオ)の番組『北乃カムイもにょもにょラジオ!(適当)』との間では、ご当地キャラクターがパーソナリティーを務めるラジオ番組としての共通点があり、相互に番組内で紹介しあったことがある。

ラジオ関西 日曜23:30 - 24:00
前番組 番組名 次番組
いまいち萌えないラジオ
-

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、1900年制定の神戸新聞社社章や1968年制定の社旗の配色はを基調としている。
  2. ^ 例えば森田季節による小説版の奥付では「いまいちもえないこ」の読みになっている。一方で『いまいち萌えないラジオ』では「いまいちもえないむすめ」と自己紹介している。
  3. ^ ラジオ版いまいち萌えない娘とケーちゃんのユニット。放送開始当初はVOCALOIDによる仮歌を使用。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i いまもえ制作委員会. “いまいち萌えない娘|プロフィール”. 2012年1月14日閲覧。
  2. ^ “「右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい」”. ねとらぼ (ITmedia). (2011年1月14日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/14/news049.html 2011年2月1日閲覧。 
  3. ^ a b c d e ““誕生から1年:「いまいち萌えない娘」はいかにしてスターダムを駆け上がったのか? 「奇跡」の1年間を振り返る(1/2)”. ねとらぼ (ITmedia). (2012年1月14日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/14/news011.html 2012年1月14日閲覧。 
  4. ^ “作者公認! 「いまいち萌えない娘」ニコ動で「二次創作」進む”. ニコニコニュース (ガジェット通信). (2011年1月19日). http://getnews.jp/archives/95256 2011年2月1日閲覧。 
  5. ^ “「いまいち萌えない」あの娘を萌え萌えに”. Weekly Access Top10 (ITmedia). (2011年1月17日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/17/news087.html 2011年2月1日閲覧。 
  6. ^ Twitter公式アカウントによるツイート” (2012年6月5日). 2012年6月5日閲覧。
  7. ^ a b c “「いまいち萌えない娘」の公式Twitter出現 「2次創作OK」などFAQも”. ねとらぼ (ITmedia). (2011年1月19日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/19/news035.html 2011年2月1日閲覧。 
  8. ^ kobeimamoeのツイート (121928833082462209)
  9. ^ kobeimamoeのツイート (105541646770372608)
  10. ^ kobeimamoeのツイート (241918786154938369)
  11. ^ いまもえ制作委員会 (2012年8月21日). “サブキャラクターの名前決定!”. 2012年12月3日閲覧。
  12. ^ a b “緊急雇用創出事業に基づくアルバイト ご応募の御礼”. 神戸新聞社. (2011年1月19日). http://www.kobe-np.co.jp/recruit/news/part_pref.html 2011年2月1日閲覧。 
  13. ^ いまいち萌えない娘-設定資料”. 神戸新聞社 (2011年1月24日). 2011年2月1日閲覧。
  14. ^ いまもえ制作委員会. “いまいち萌えない娘|二次利用について”. 2012年1月14日閲覧。
  15. ^ a b “「萌えない娘」成長 神戸新聞、求人で誕生 「いまいち」描き変え3000件”. 朝日新聞 大阪夕刊: p. 10. (2011年12月20日) 
  16. ^ a b c d ““誕生から1年:「いまいち萌えない娘」はいかにしてスターダムを駆け上がったのか? 「奇跡」の1年間を振り返る(2/2)”. ねとらぼ (ITmedia). (2012年1月14日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/14/news011.html 2012年1月14日閲覧。 
  17. ^ いまもえ.jp (2011年8月31日). “神戸新聞社 デジタル事業局で緊急雇用アルバイトを募集しています。”. http://www.imamoe.jp/?p=1103 2011年9月11日閲覧。 
  18. ^ いまもえ.jp. “いまもえ.jpとは”. 2014年6月18日閲覧。
  19. ^ “いまいち萌えない娘-NEWS”. 神戸新聞社. (2011年2月5日). http://www.kobe-np.co.jp/recruit/news/imamoe/news.html 2011年2月7日閲覧。 
  20. ^ “いまいち萌えない娘商品情報”. COSPA. (2011年2月4日). http://www.cospa.com/itemlist/id/00918/mode/series 2011年2月7日閲覧。 
  21. ^ いまもえ制作委員会. “いまいち萌えない娘|KOBEみなとマルシェ”. 2012年1月14日閲覧。
  22. ^ デイリースポーツ online (2012年9月24日). “【神戸新聞杯】萌えたぜ!主催イベント”. http://www.daily.co.jp/horse/2012/09/24/0005401321.shtml 2012年9月25日閲覧。 
  23. ^ いまもえ制作委員会. “いまいち萌えない娘がニコニコ動画「踊ってみた」に挑戦!”. 2012年6月1日閲覧。
  24. ^ いまもえ.jp (2013年8月16日). “「いまもえ娘」レイヤーモデルオーディション 初代6人が決定/サブカルニュース:ひょうご・神戸”. 神戸新聞朝刊: p. 19. http://www.imamoe.jp/?p=5208 
  25. ^ ITmedia (2012年4月1日). “みんな気合い入りすぎ:【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ! - ねとらぼ”. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1204/01/news004.html 2012年9月25日閲覧。 
  26. ^ いまもえ.jp (2013年9月20日). “話題の「いまいち萌えない娘」 神戸のタクシーに登場/サブカルニュース:ひょうご・神戸”. 神戸新聞朝刊: p. 26. http://www.imamoe.jp/?p=5379 2014年6月2日閲覧。 
  27. ^ いまいち萌えない娘(公式サイト) (2013年12月18日). “兵庫県公式ポスターではばタンと正式共演!”. 2014年6月5日閲覧。
  28. ^ 兵庫県ホームページ (2014年3月13日). “兵庫・神戸IT業界就職フェア2015(平成26年2月6日・神戸市産業振興センター)”. 2014年6月5日閲覧。
  29. ^ いまいち萌えない娘(公式サイト). “PS Vita用ソフト『ヴァルハラナイツ3 GOLD』とコラボ!”. 2014年6月2日閲覧。
  30. ^ マーベラスAQL. “DLC情報 : コラボレーションDLC 第1弾 / ヴァルハラナイツ3 GOLD”. 2014年6月2日閲覧。
  31. ^ 森田季節小説 いまいち萌えない娘』 朝霧ひろ(イラスト)、神戸新聞総合出版センター、2013年9月20日ISBN 97843430070872013年9月25日閲覧。
  32. ^ 森田季節; 朝霧ひろ(イラスト) (2013年5月31日). “小説 いまいち萌えない娘”. サブカルチャー. ウェブデブック. 2013年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月4日閲覧。
  33. ^ 東映ビデオ. “「ロボットガールズZ」特集”. 2014年6月2日閲覧。
  34. ^ いまいち萌えない娘(公式サイト) (2014年3月25日). “アニメの声優は神戸出身・寿美菜子さんに決定!”. 2014年3月27日閲覧。
  35. ^ いまもえ.jp (2014年5月29日). “「いまいち萌えない娘」 アニメで銀幕デビュー 声優は神戸出身・寿さん /サブカルニュース:ひょうご・神戸|いまもえ.jp:”. http://www.imamoe.jp/?p=7527 2014年6月2日閲覧。 
  36. ^ 神戸新聞NEXT (2014年5月29日). “アニメで銀幕デビュー 神戸発「いまいち萌えない娘」”. 神戸新聞夕刊: p. 8. http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201405/0007003734.shtml 2014年6月2日閲覧。 
  37. ^ 東映ビデオ. “「ロボットガールズZ」劇場上映”. 2014年6月2日閲覧。
  38. ^ a b ラジオ関西. “いまいち萌えないラジオ”. 2014年6月2日閲覧。
  39. ^ いまいち萌えない娘(公式サイト). “いまいち萌えない娘がラジオにレギュラー出演!?”. 2014年6月2日閲覧。

関連項目[編集]

  • さいたまに子(ちょっとイラッとする娘) - いまいち萌えない娘をオマージュしたキャラクター。
  • 神戸電子専門学校 - いまいち萌えない娘が神戸の街を案内する動画で、声優タレント学科の学生が声を担当した。学校のマスコットキャラクターとコラボレーションしたこともある。

外部リンク[編集]