いのちの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いのちの歌
茉奈 佳奈シングル
収録アルバム Sweet Home
リリース 2009年2月18日
ジャンル J-POP
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-89047(初回盤)
UPCH-80107(通常盤)
作詞・作曲 Miyabi(作詞)
村松崇継(作曲)
チャート最高順位
  • 週間18位(オリコン
  • 登場回数23回(オリコン)
茉奈 佳奈 シングル 年表
泣いて笑って
2008年
いのちの歌
2009年
Mother
2010年
ミュージックビデオ
「いのちの歌」 - YouTube
テンプレートを表示

いのちの歌」(いのちのうた)は、茉奈 佳奈の4枚目のシングル2009年2月18日NAYUTAWAVE RECORDSから発売された。

解説[編集]

  • 三倉茉奈三倉佳奈がヒロインを務め、2008年度下半期(2008年10月 - 2009年3月)に放送されたNHK連続テレビ小説だんだん』の劇中歌。
  • 2曲目には「feat. シジミジル」として劇中のユニット・シジミジル(三倉茉奈、三倉佳奈、東島悠起久保山知洋)によるアコースティック版の演奏も収録。
  • 2枚組の初回限定盤には「いのちの歌」ミュージック・ビデオを収録。
  • 2009年2月28日にはNHK出版より、デュエット&ピアノのための楽譜とピアノソロのための楽譜で構成された『NHK連続テレビ小説「だんだん」オリジナル楽譜シリーズ いのちの歌』も発売された。
  • 2009年2月18日に発売された作曲の村松崇継のオリジナルアルバム『Piano Sings』にはピアノソロ版の演奏が収録され、同3月6日にヤマハミュージックメディアよりピアノ譜『Piano Sings』も発売された。「いのちの歌」のピアノ譜は2012年12月22日発売の楽譜集『ピアノソロ 村松崇継 Best Selection 〜『だんだん』『大奥』ほか〜』にも収録されている。

楽曲誕生の経緯[編集]

  • 三倉茉奈、三倉佳奈らによる連続テレビ小説『だんだん』劇中の音楽ユニット「シジミジル」が作った唯一のオリジナルソングという設定で、2009年1月24日に放送された第96回で初めて登場した。
  • 作曲はドラマ全体の音楽も担当した作曲家・ピアニストの村松崇継。「いのちの歌」の原曲となるメロディーはもともとNHK連続テレビ小説『だんだん』の劇中音楽として作曲されドラマ映像の背景にたびたび流れており、『NHK連続テレビ小説「だんだん」オリジナル・サウンドトラック』にも「母なる宍道湖」のタイトルでインストゥルメンタル版とピアノソロ版の2曲が収録されている。鈴木砂羽演じる育ての母・嘉子が18年間愛情を込めて育てた娘・めぐみ(三倉茉奈)を大学進学に伴って京都の産みの母・真喜子(石田ひかり)のもとへと快く送り出す、その辛く複雑な心情をイメージしながら、そんな嘉子のことを救ってあげたいという思いを込めて生み出されたメロディーとのことである。[1]
  • 作詞はドラマの主題歌「縁の糸」及び劇中のナレーションを担当した竹内まりや。「シジミジル」が作った唯一のオリジナルソングという設定のため、竹内による作詞である事実は伏せられ、Miyabiのペンネームにより詞を提供した。Miyabi=竹内まりやの事実はドラマ収録中三倉茉奈、三倉佳奈に対しても伏せられており、ドラマクランクアップ後の打ち上げパーティーの席上で竹内自身により初めて告げられた[2]。また、2010年12月に開催された竹内まりやのライブ『souvenir again』のアンコールで竹内のピアノ弾き語りによって「いのちの歌」が演奏され、あわせてこの事実が初めて一般に明かされた。[3]

収録曲[編集]

CD収録曲[編集]

  1. いのちの歌
    作詞: Miyabi、作曲: 村松崇継、編曲:前嶋康明
    NHK連続テレビ小説だんだん』 劇中曲
    日本テレビ歌スタ!!』 オープニングテーマ (2009年8月)
  2. いのちの歌 feat.シジミジル
  3. 白い色は恋人の色 feat.シジミジル
    作詞: 北山修、作曲: 加藤和彦、編曲: シジミジル・新谷豊
    ベッツィ&クリスのシングルのカバー
  4. いのちの歌 Backing Track

DVD収録曲(初回盤のみ)[編集]

  1. いのちの歌(ミュージックビデオ)

収録アルバム[編集]

  1. Sweet Home
  2. アイのうた〜東日本大震災チャリティ・アルバム
  3. Mariya's Songbook

竹内まりやによるカバーシングル[編集]

いのちの歌
竹内まりやシングル
収録アルバム TRAD
リリース 2012年1月25日
ジャンル J-POP
時間 2300(初回盤)
1900(通常盤)
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
WPCL-11024(初回盤)
WPCL-11025(通常版)
作詞・作曲 Miyabi(作詞)
村松崇継(作曲)
プロデュース 竹内まりや
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン[4]
  • 2012年1月度月間45位(オリコン)
  • 登場回数20回(オリコン)
竹内まりや シングル 年表
ウイスキーが、お好きでしょ
2010年
いのちの歌
2012年
たそがれダイアリー
2013年
テンプレートを表示

竹内まりやの39枚目のシングルとして発売されたセルフカバーバージョン。2012年1月25日ワーナーミュージック・ジャパンよりリリース。

解説[編集]

  • NHK BSプレミアムドキュメンタリードラマ『開拓者たち』主題歌。
  • カップリングにはコーセー「グランデーヌ ルクサージュ」のCMソング「輝く女性(ひと)よ!」を収録[5]
  • 初回盤にはボーナストラックとして作曲の村松崇継のピアノ伴奏によるピアノ&ボーカル・バージョンを収録、あわせて「いのちの歌 ピアノ譜」が特典として封入されている。
  • 録音には作編曲の村松崇継がピアノで、三倉茉奈三倉佳奈がコーラスで参加している。
  • ジャケットのイラストは原田泰治による。
  • 特設サイトより投稿された写真をスライドショーとして用いてミュージックビデオが制作された。

収録曲[編集]

  1. いのちの歌
    作詞: Miyabi、作曲・編曲: 村松崇継
    NHK BSプレミアム ドキュメンタリードラマ『開拓者たち』 主題歌
  2. 輝く女性(ひと)よ! 
    作詞・作曲: 竹内まりや、編曲: 山下達郎
    コーセー「グランデーヌ ルクサージュ」 CMソング
  3. いのちの歌(ピアノ&ボーカル・バージョン)
    ボーナストラック(初回盤のみ)
  4. いのちの歌(オリジナル・カラオケ)
  5. 輝く女性(ひと)よ!(オリジナル・カラオケ)

収録アルバム[編集]

  1. TRAD

主なカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK総合スタジオパークからこんにちは』村松崇継(2009年2月16日放送)
  2. ^ 竹内まりやさん。|三倉佳奈オフィシャルブログ「三倉さんちの次女ブログ」
  3. ^ 竹内まりや 「いのちの歌」特設サイト|インタビュー
  4. ^ 「いのちの歌」 竹内まりや オリコン芸能人事典-ORICON STYLE
  5. ^ 竹内まりやさんからCMソングについて直筆コメントをいただきました - 気になるシワ、たるみにグランデーヌ ルクサージュ

外部リンク[編集]