いとしのクレメンタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いとしのクレメンタイン』(原題:Oh My Darling Clementine )は、アメリカ西部開拓時代発祥の民謡バラード

解説[編集]

日本では『雪山讃歌』の曲として広く知られるが、1946年のジョン・フォード監督のアメリカ映画『荒野の決闘』(原題は“My Darling Clementine”)の主題歌となったことで、元の歌自体も広く知られるようになった。

パーシー・モントローズ(Percy Montrose)の作品とされる(時にはバーカー・ブラッドフォード(Barker Bradford)によるものとも)。H・S・トンプソン(H. S. Thompson、生没年不明)の「川を下ったところに娘が住んでいた」“Down by the River Liv'd a Maiden”が原詩とされている。

詩は、1848年から1855年の間に起きたアメリカ西部のカリフォルニアゴールドラッシュの金鉱堀り49er(フォーティーナイナー)の娘を、水死によって後に残された恋人が愛しむ内容。オリジナルの詩では黒人女性と思われる[1]恋人が泥酔して溺死して幽霊となる、という内容で、リフレインはほぼ同じだが他の行及びメロディーは全く異なる。

もっぱらスペインに関する作品を書いたイギリス人作家のジェラルド・ブレナンGerald Brenan)は、原曲はスペインの古いバラード曲で、ゴールドラッシュ時にメキシコ人鉱夫の間に広まり、それに様々な英語の詩が付けられたのではないかと推定している。

注釈[編集]

  1. ^ 歌詞では「ビーフステーキのような唇」、「カシミアの雌山羊のような髪」と描写されている

歌詞[編集]

外部リンク[編集]