いつも心に太陽を (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いつも心に太陽を
To Sir, with Love
監督 ジェームズ・クラヴェル
脚本 ジェームズ・クラヴェル
製作 ジェームズ・クラヴェル
音楽 ロン・グレイナー
撮影 ポール・ビーソン
公開 イギリスの旗 1967年10月29日
日本の旗 1968年2月24日
上映時間 105分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
次作 いつも心に太陽を2
テンプレートを表示

いつも心に太陽を』(いつもこころにたいようを、原題:To Sir, with Love)は、1967年公開のイギリス映画である。

概要[編集]

エドワード・R・ブレイスウェイトの小説を元に映画化、ロンドンで撮影されたものである。原作は『先生へ、愛情をこめて』のタイトルで、1960年に毎日新聞社から日本語訳が出ている。映画も原題は小説と同じタイトルである。

白人の生徒たちの高校に赴任してきた黒人の教師の物語で、学園もののはしりとも言うべき作品であり、白人と黒人の社会問題に視点を当てた意欲的なものある。『夜の大捜査線』、『招かれざる客』とこの方面の社会派の話題作に出演を続けていたシドニー・ポワチエが主演し、ジェームズ・クラヴェルが監督した。

出演もしているイギリスの歌手ルルが歌った主題歌『いつも心に太陽を』はビルボード全米チャート5週連続1位を記録し、1967年の年間チャートでもビートルズザ・モンキーズらを抑えNO1を記録した。ただし、映画に使われたものとレコード化されてヒットしたものは、全く異なるヴァージョンである。前者はアップテンポでロック色が強く、後者はスローでバラード色が強い。

キャスト[編集]

  • シドニー・ポワチエ:マーク・サッカレー
  • クリスチャン・ロバーツ:デナム
  • ジュディ・ギーソン:パメラ
  • スージー・ケンドール:ジリアン
  • ルル:バーバラ

続編[編集]

続編が1996年にアメリカでTV映画として製作されている。『いつも心に太陽を2』(To Sir, with Love II)で、監督はピーター・ボグダノヴィッチ、シドニー・ポワチエ、ルル、クリスチャン・ペイトンらが出演した。シドニー・ポワチエは、30年間の教師キャリアのある黒人教師で、新たな学校を求めてシカゴにやってきたという設定になっている。劇場未公開で、日本ではテレビの深夜時間帯に放送されたことがある。

外部リンク[編集]