いたすけ古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いたすけ古墳
Itasuke Kofun-20070103.JPG
位置 北緯34度33分12秒
東経135度29分8秒
所在地 大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁
形状 前方後円墳
規模 全長146m
築造年代 5世紀後半
出土品 衝角付冑形埴輪
史跡指定 国指定(1956年5月15日)
テンプレートを表示

いたすけ古墳(いたすけこふん)は、大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁にある前方後円墳昭和31(1956)年5月15日に国の史跡に指定された。

いたすけ古墳のステレオ空中写真 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

概要[編集]

百舌鳥古墳群のほぼ中央、大仙陵古墳の南、上石津ミサンザイ古墳の東に位置する。全長約146m、後円部径約90m、高さ約11.5m、前方部幅約99m、高さ約10.5mで、百舌鳥古墳群では8番目の大きさである。墳丘は3段に築かれ、南側に造り出しがある。主体部の構造や副葬品などは不明。台地の南端に位置するため、周濠の南側には大規模な堤が築かれている。陪塚は数基あったとされるが、善五ヱ門古墳のみが現存している。

昭和30(1955)年頃、土砂の採集と住宅造成のため破壊されそうになったが、市民運動によって保存された。その際、後円部から出土した衝角付冑の埴輪は、現在、堺市の文化財保護のシンボルマークになっている。

この工事の際には、土砂を取る重機を入れるため周濠に橋が架けられ、樹木の伐採が行われた。伐採は半ばで中断されたものの、古墳の半分ほどがはげ山となった。橋は現在でも古墳側から伸びる半分が残されている。はげ山となった部分には草が生い茂っているため、いたすけ古墳の航空写真は樹木と草によりまだらな外見となっている。

1980年代に、水質の悪化による異臭に対して周辺の住民から苦情が上がり、池干しとヘドロの除去が行われた。その際に環濠の南西部に沈没していた木造の小型船について調査が行われ、少なくとも昭和初期以前に製造された和船である事が確認された。

1999年頃に、古墳東南部の雑木林に住んでいたと思われるが造成に追われて古墳内に移り住み、2004年11月に新聞やニュースで報道された時は11頭の家族となっていた。 狸は本来は夜行性なのだが、晴れた日の昼間などに前述の壊れた橋の上で日に当たる姿が見られる。 世代を重ねており、春先には子狸が姿をあらわすが、不思議な事に目撃できる成獣の総数には大きな変化がみられない。 徒歩圏内の北東方向にある御廟山古墳内でもの目撃例があり、グループから離れた個体が移住した可能性もある。

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]