長町副都心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あすと長町から転送)
移動: 案内検索
広瀬橋交差点から市道原町広岡線を南へ望む。旧長町宿にあたる地区

長町副都心(ながまちふくとしん)とは、仙台市副都心の1つで、かつ、同市太白区の中心部のこと。仙台市都心部から見て南に位置し、東日本旅客鉄道 (JR) および仙台市地下鉄 (SS) の長町駅を中心として広がる。

定義[編集]

仙台市による長町副都心の定義[1]は、

以上3つの地域を包含するT字型の地域のことである。

地名[編集]

長町[編集]

1丁目から8丁目まで存在する。

長町南[編集]

1丁目から4丁目まで存在する。

あすと長町[編集]

1丁目から4丁目まで存在する。

交通[編集]

あすと長町大通り線[編集]

国道4号のあすと長町地区を貫く区間。2007年5月12日開通。 かつて、国道4号は太子堂駅付近に存在した跨線橋で東北本線を渡り、長町駅前交差点、広瀬橋を経由したルートをとっていたが、この区間開通後の2008年4月1日からこちらにルート変更がなされた。また、これと同時に国道286号もルート変更がなされた。 幅員40~50m、片側3車線。 [5] [6]

脚注[編集]

  1. ^ 長町副都心のまちづくり国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所)
  2. ^ 仙台市道太白2309号・原町広岡(その2)線(北端南端。最小幅員21.27m、最大幅員36.31m、延長2101.3m)
  3. ^ 国道4号・国道286号振替等に伴う認定路線図(仙台市)
  4. ^ 長町駅東遺跡の遺跡見学会を行います(仙台市)
  5. ^ 国道4号・国道286号振替等に伴う認定路線図(仙台市)
  6. ^ あすと長町の主な関連事業(仙台市)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]