あこがれ (1958年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あこがれ
Les Mistons
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー
原作 モーリス・ポンズ
製作 ロベール・ラシュネー
ナレーター ミシェル・フランソワ
出演者 ベルナデット・ラフォン
音楽 モーリス・ル・ルー
撮影 ジャン・マリージュ
編集 セシル・ドキュジス
配給 日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1958年11月6日
日本の旗 1960年8月19日
上映時間 19分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

あこがれ』(原題: Les Mistons)は、フランソワ・トリュフォーの監督による、1958年フランスの短編映画である。原作はモーリス・ポンスの同名の短編小説。トリュフォーの本格的短編処女作である。

フランスでの公開ではジャン・ルーシュ監督『水の息子たち』、コリン・ロウ監督『黄金の首都』と併映、日本ではバート・スターン監督『真夏の夜のジャズ』と併映された。

当初は23分だったが、のちに19分に短縮された。カットされたシーンのほとんどはジェラール・ブランが「出しゃばりすぎる」とトリュフォー監督が判断した部分である。当時ジェラールとベルナデットは結婚していたが、トリュフォーのたっての願いでジェラールの反対を押し切ってベルナデットの出演が決まった。そのため、ジェラールとトリュフォーの間には確執があったという。2人は映画のあと離婚している。

ストーリー[編集]

今日もベルナデットは風を切って自転車を乗り回している。まだ恋の意味も知らない「ぼくら」は、彼女を追い回す。翻るスカートからのぞく裸の脚に見とれ、彼女が乗り捨てた自転車のサドルにその残り香を嗅ぐ。ところがある日、彼女が恋人のジェラールとデートしているところを見て嫉妬する。「ぼくら」は2人を徹底的に邪魔してやることに決めた。2人の行く先々を追いかけまわして、あの手この手でデートをぶち壊す。カンカンに怒ったジェラールに追い払われてもへこたれない、「ぼくら」のベルナデットに会えるなら。ところが、ジェラールは徴兵されてベルナデットと別れ別れになってしまう…。

キャスト[編集]

  • ベルナデット:ベルナデット・ラフォン
  • ジェラール:ジェラール・ブラン
  • 子どもたち:アラン・バルディ、ロベール・ビュル、アンリ・ドマエグト、ディミトリ・モレッティ、ダニエル・リコー
  • ナレーション:ミシェル・フランソワ

解説[編集]

外部リンク[編集]