あきつ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AkitsuMaru.jpg
1944年時の「あきつ丸」
船歴
運用 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
発注 播磨造船所
起工 1939年11月
進水 1941年9月24日
竣工 1942年1月
戦没 1944年11月15日
除籍
性能諸元
総トン 9,433t
全長 152m
水線長 143.8m
全幅 19.5m
吃水 7.86m
飛行甲板 全長123m(のち110m)
全幅22.5m
機関 形式不明重油専焼水管缶4基
+形式不明ギヤード・タービン2基2軸
最大出力 13,000hp
最大速力 21.0kt
航続距離
乗員
兵装 新造時
八八式 7.5cm 単装高射砲(特)2基
九八式 20mm 単装高射機関砲8基
三八式 7.5cm 野砲10基
他、飛行甲板等に「臨時設備」として八九式十五糎加農等、火砲多数を増設可能
最終時
八八式 7.5cm単装高射砲(特)4基
九八式 20mm 単装高射機関砲8基
九六式 25mm 単装高射機関砲3基
二式 12cm 迫撃砲1基(対潜用)
搭載機 九七式戦闘機13機
三式指揮連絡機8機
(輸送任務時には分割した一式戦闘機「隼」等20~30機弱を搭載可能)
上陸用舟艇 大発動艇27隻

あきつ丸(あきつまる)[1]は、第二次世界大戦時に大日本帝国陸軍が建造・運用した揚陸艦上陸用舟艇母船)。帝国陸軍では特種船 丙型丙型特種船)に分類される。

前身である「神州丸」共々、上陸用舟艇である大発動艇(大発)を多数搭載し極めて高い上陸戦遂行能力を持つとともに、上陸部隊の支援を意図する全通飛行甲板を使用した航空機運用能力を有するなど、世界的にも先進的な揚陸艦であり、その運用思想から現在の強襲揚陸艦の先駆け的存在であった。

概要[編集]

島国である日本の地理的条件、第一次世界大戦の戦訓(ガリポリ上陸作戦)、在フィリピンアメリカ極東陸軍)を仮想敵国とする大正12年帝国国防方針によって、1920年代の早くより上陸戦に関心のあった陸軍は、同年代中期には上陸用舟艇として小発動艇(小発)・大発を実用化した。更に1930年代初期には従来の「宇品丸」以下一般的な軍隊輸送船と異なり、多数の上陸用舟艇を主に船尾より迅速かつ安全に発進させることの出来るドック型揚陸艦(上陸用舟艇母船)たる特種船として「神州丸」を開発、「神州丸」は各演習のみならず日中戦争支那事変)における各上陸戦でその能力を発揮し活躍した。「神州丸」は上陸用舟艇母船としての機能だけでなく、上陸部隊の支援攻撃を目的とする航空機運用能力も有す先進的なものであったが、その発進にはカタパルトを使用する射出型であった。

これらの経緯から、陸軍は上陸戦遂行能力の強化を図るべく各特種船の開発を計画。船型によって大別して貨客船型の甲型・M甲型、砕氷貨物船型の甲小型(乙型)、航空母艦型の丙型M丙型があるが、「あきつ丸」は「神州丸」の航空機運用能力を大きく発展させたこの丙型の1番船、「神州丸」に次ぐ2隻目の特種船また新鋭特種船の第1号として、播磨造船所において1939年(昭和14年)11月に起工、1941年(昭和16年)9月24日の進水を経て、翌1942年(昭和17年)1月に竣工した。同じ丙型の姉妹船として当初は「にぎつ丸」があったが、これは航空艤装の無い甲型相当として竣工しているため純粋な丙型は「あきつ丸」のみである。姉妹船相当であるM丙型「熊野丸」は航空艤装のある状態で大戦末期に竣工しているが、海軍の小型航空母艦に倣い船橋を甲板下に、煙突は舷側に設けられる等「あきつ丸」の事実上の改良型として建造されている[2]

なお、予算の制約により、大量の上陸舟艇母船を「宇品丸」「神州丸」のような陸軍省保有船として維持することは難しかったため、陸軍は戦時の際に徴用することを前提として海運会社に補助金を出し、上陸舟艇母船を民間籍の商船として建造させている[3]

なお、日本陸軍がこれら本格的な揚陸艦を開発・保有した背景について、当時の日本海軍戦闘艦の整備に傾注し、揚陸艦といった支援・補助艦艇の開発には極めて消極的で、近代戦において進化する上陸戦のみならず遠隔地への軍隊輸送・海上護衛(船団護衛)に対して理解が無く、揚陸艦のみならず上陸用舟艇・上陸支援艇の開発・保有は必然的に陸軍が行う必要があった事に留意しなければならない[4]。また、陸軍海軍とは別に(揚陸や輸送を目的とする)独自の船舶部隊(陸軍船舶部隊)を保有する事は、日本陸軍だけでなく同時期のアメリカ陸軍でも大々的に行われていた行為である[5]

実戦[編集]

太平洋戦争開戦直後の1942年1月に竣工した「あきつ丸」は早々に実戦投入された。

開戦意義である南方資源地帯確保の為1月11日に開始された蘭印作戦にて、2月14日、「空の神兵」こと空挺部隊である第1挺進団の活躍によって、最重要戦略的攻略目標であるパレンバン油田・製油所を日本軍は掌握していたが(パレンバン空挺作戦)、首都ジャカルタを擁しオランダ軍主力が守備するジャワ島の制圧は最終目標となっていた。「あきつ丸」は3月1日に行われた第16軍ジャワ島上陸戦にて、第2師団のメラク海岸揚陸の任に当たりこれを成功させ、上陸部隊は快進撃を続け9日にジャワ島は陥落しオランダ軍は降伏した。

なお、本上陸戦には特種船および大量の軍隊輸送船が参加しており、「あきつ丸」の前身である「神州丸(作戦当時は秘匿の為「龍城丸(りゅうじょうまる)」と改名)」も投入され第16軍司令官今村均陸軍中将以下軍司令部が座乗していたが、護衛に当たっていた日本海軍と船団を攻撃する連合軍(ABDA連合艦隊)との間に発生したバタビア沖海戦に巻き込まれ、「神州丸」は重巡洋艦最上」の発射した九三式魚雷の直撃(誤射)を受け大破、擱座・横転している(サルベージされのち復帰)。

このジャワ上陸戦をもって一連の南方上陸作戦は終了した為、以降「あきつ丸」はその優秀な揚陸能力を生かし他の特種船と共に兵員・物資の輸送任務に就いたが、大戦後期には航空機運用能力を生かし対潜哨戒能力を持つ護衛空母として生まれ変わる事となった(#対潜哨戒)。

航空艤装[編集]

新造時[編集]

「あきつ丸」は全通飛行甲板を有する空母型の船型を採用した。島型船橋と煙突は右舷に寄せられ、飛行甲板の下には航空機格納庫を備えている。飛行甲板後端に設置された航空機用エレベーターで、格納庫から飛行甲板へ航空機を移動できた。当初の計画では、平時には飛行甲板を張らずに貨客船風にしておき、有事の際に飛行甲板を張って完成させることになっていた。実際には太平洋戦争の勃発が確実となった為、当初から飛行甲板を張った状態で竣工している。

このような空母型の船型になった理由は、上陸戦時に戦闘機を発進させ、上陸部隊の航空支援を行うという構想があった為である。機体は九七式戦闘機13機の搭載が計画されていた。当初の構想では、航空機の着船は想定されておらず、搭載機は占領した飛行場に着陸ないし友軍勢力圏・海岸・上陸船団付近に不時着・不時着水するか、落下傘降下し操縦者を収容する計画であった(なお、これに擬似する運用として、第二次大戦時に船団護衛(防空)の為イギリス海軍が実戦投入したCAMシップが存在する。カタパルトによって発進した戦闘機は、敵機迎撃後に陸上の飛行場に向かうか、船団付近に落下傘降下ないし不時着水し収容されていた)。その為、通常の空母なら着艦コースとなる船体後部中央にはデリックマストが屹立しており、着艦制動装置も無く、エレベーターの装備位置も飛行甲板後端のみだった。速力も空母としてはやや低速である為(合成風力の不足)、新造時には新鋭機の運用は困難であった。

しかしながら、その運用の難しさおよび、ジャワ上陸戦は航空機の洋上運用が出来ない夜間に開始され、また上陸地の制空権第3飛行集団が確保していた事から、「あきつ丸」は実戦で搭載機による上陸支援を行うことは無かった。航空艤装は航空機や車両の海上輸送用の搭載スペースとして流用され、一例として一式戦「隼」I型からII型に機種改編する飛行第50戦隊に対する機体輸送任務時には、格納庫に分割した「隼」数十機を搭載し従事している。

なお、この飛行甲板および甲板後部のスポンソンには「臨時設備」と称し、高射砲高射機関砲野戦砲(対地対艦用)を増設可能であり、中でも後部スポンソンには大口径大威力の重砲である八九式十五糎加農数門も装備出来る。飛行甲板には黒・明灰・灰の三色迷彩が施されており、船体は軍艦色と呼称される灰色一色であった。

対潜哨戒[編集]

三式指揮連絡機を運用中の「あきつ丸」。左手前は基筒式の(単装)高射機関砲(1944年)
カ号観測機(オ号観測機)

太平洋戦争後半、アメリカ海軍潜水艦による日本軍輸送船の被害が激増すると、陸軍は船団護衛を目的とする独自の海上航空戦力の構築を検討し始めた。海軍との折衝の末、「あきつ丸」が陸軍版護衛空母の候補となり、1944年(昭和19年)4月から7月にかけ飛行甲板の拡幅(船橋や煙突の右舷方への移設)・甲板後部デリックの撤去(煙突後部へ移設)・格納庫の拡張・船橋部へのピスト(操縦者等空中勤務者の控所を意味するフランス語由来の陸軍用語)の新設・陸軍と萱場製作所独自開発の着艦制動装置「KX」、着船指示灯設置等の改装が行われている。改装に当たって飛行甲板の三色迷彩は無くなり白線の標識が描かれ、また従来は灰色であった船体は、当時の海軍の空母と同様に「外舷21号色(濃緑)」および「外舷22号色(薄緑)」を用いた緑色系の迷彩塗装に変更されている。

対潜哨戒機(搭載機・艦載機)としては、まずオートジャイロ回転翼機)であるカ号観測機(オ号観測機、対潜爆雷1個装備)の搭載が計画され、同年6月4日に発着船実験を成功させた。なお、この時期の「あきつ丸」船上における発着船実験を撮影した記録映像が残っているが、その実験時の「あきつ丸」は船尾にデリックを有し、船橋部にピストが無く、甲板後部スポンソンに八九式十五糎加農数門を搭載した本格的な改装前の状態であり、カ号観測機は左舷後方より斜めに進入し着船する方式をとっている。

最終的に搭載機は搭載量に勝り、索敵能力やSTOL性も良好で、操縦も安易な固定翼機である三式指揮連絡機(三式連絡機、対潜爆雷2個、着艦フック装備)に決定し、これを運用する飛行部隊として独立飛行第1中隊(軍隊符号:1Fcs)が7月に編成された。

三式指揮連絡機を搭載しての「あきつ丸」の実験的な洋上哨戒は、同年8月6日より日朝間を結ぶかたちで対馬海峡朝鮮海峡において数回実施されたが、対潜戦が発生する事はなかった。11月には重要な軍隊輸送船として「あきつ丸」をヒ81船団に使用するため対潜哨戒の任を解かれており、同月9日に日本に帰還している(ヒ81船団は本来のシンガポール行きタンカーのほか、フィリピン防衛戦のためマニラ行きの精鋭部隊第23師団等を載せた揚陸艦として、「あきつ丸」以下「神州丸」「吉備津丸」「摩耶山丸」の特種船4隻が投入されている)。三式指揮連絡機と1Fcsは陸揚げされ、飛行分科「対潜」の他のFcsと同じく飛行場より発進する哨戒飛行部隊として運用された為、「あきつ丸」が本格的に護衛空母として運用される事は無かった。

11月14日に日本を出港したヒ81船団の護衛(対潜哨戒)は、海軍の特設空母神鷹」および駆逐艦」1隻・海防艦5隻が当たっており、「神鷹」には対潜専門の飛行部隊として第九三一海軍航空隊九七式艦上攻撃機14機が搭載され、目視が可能な昼間には2機が常時飛行し警戒していた。その為「あきつ丸」は格納庫等に兵員・物資を満載した完全な揚陸艦として使用されている。特種船と高速タンカーが主体となり、特設空母と多数の対潜艦が護衛につくこの船団は当時の日本軍としては極めて豪華な編制であったが、15日正午頃、五島列島沖において、護衛艦艇および九三一空機の哨戒の隙を突かれ、「あきつ丸」はアメリカ海軍潜水艦「クイーンフィッシュ」の雷撃を受け、弾薬が誘爆炎上、転覆沈没し乗員2,576人のうち2,046人が戦死した(同月17日、「摩耶山丸」は「ピクーダ」の、神鷹は「スペードフィッシュ」の雷撃を受け沈没・喪失。「神州丸」・「吉備津丸」は生還し、同じく無傷のタンカー郡(ヒ81船団)と分離し高雄よりタマ33船団を編成、フィリピンへの軍隊輸送・揚陸を成功)。

船歴[編集]

  • 1939年11月 - 播磨造船所にて起工
  • 1941年9月 - 進水
  • 1942年1月 - 竣工。同時に陸軍に徴用
    • 2月 - 蘭印作戦動員
    • 3月 - 蘭印作戦ジャワ上陸戦参加
  • 1942年3月-1944年4月 - 航空機運搬船・輸送船として使用
  • 1944年4月-7月 - 播磨造船所にて改装、航空機運用能力を強化
    • 8月6日-11月6日 - 日朝間にて洋上哨戒任務
    • 11月9日 - 日本帰還
    • 11月14日 - ヒ81船団に加入し日比間の輸送船として日本出港
    • 11月15日正午頃 - 五島列島沖において「クイーンフィッシュ」の雷撃を受け沈没

脚注[編集]

  1. ^ 平仮名表記が正式であり秋津丸漢字表記は誤表記。
  2. ^ M丙型2番船「ときつ丸」は建造中に終戦を迎え未成。
  3. ^ 何れも竣工当時は既に太平洋戦争大東亜戦争)下であるため、竣工と同時に陸軍徴用船となっている。
  4. ^ 「神州丸」の開発に当たって当初は陸軍運輸部による独自の設計が行われていたが、途中で海軍艦政本部の技術協力により大幅な設計変更が行われている。
  5. ^ 21世紀初頭の現在においても、アメリカ陸軍は大規模な船舶部隊を海軍とは別に保有している。

参考文献[編集]

  • 秋本實 「陸軍の空母」『日本航空母艦史』世界の艦船481号(増刊)、1994年、178-181頁
  • 大内健二 『護衛空母入門―その運用とメカニズム』光人社〈NF文庫〉、2005年
  • 瀬名尭彦 「昭和の日本陸軍船艇」『世界の艦船』506号、1996年、22-23頁
  • 松原茂生、遠藤昭 『陸軍船舶戦争』戦誌刊行会、1996年
  • 奥本剛 『日本陸軍の航空母艦 舟艇母船から護衛空母まで』大日本絵画、2011年

関連項目[編集]