「宗教と社会」学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

「宗教と社会」学会(「しゅうきょうとしゃかい」がっかい)は、宗教社会をめぐる諸問題に関心をもつ研究者による学術組織である。1993年6月に設立され、宗教学社会学社会心理学文化人類学(民族学)、民俗学歴史学精神医学などを専攻する研究者が所属する。機関誌は『宗教と社会』。

外部リンク[編集]