Ĝ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Ĝĝ(ヂョー)はエスペラントラテン文字アルファベット)の9番目(GHの間)に加えて使われる文字である。

大文字・小文字ともG(g)の上にサーカムフレックスをつけて表す。

音価は /ʤ/。エスペラントでは Ĝ /dʒ/Ĵ /ʒ/ を区別する。日本語(共通語)にはこの区別がない(日本語のぢゃ行じゃ行と発音が等しく、一部の方言などを除いては区別されない)が、便宜的に /dʒ/ヂャ行で表記することがある。

HTML文書やwiki等を書くときに用いられる実体参照は大文字がĜ、小文字がĝとなる。詳しくはHelp:特殊文字を参照のこと。

英文タイプライターなどで表示できないときはH-方式でGh(gh)、X-方式でGx(gx)と代用表記する。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ĝ U+011C 1-10-58 Ĝ
Ĝ
ĝ U+011D 1-10-64 ĝ
ĝ

関連項目[編集]